FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原文

あはれなることは、降りおはしましける夜は、藤壺の上の御局の小戸より出でさせ給ひけるに、有明の月のいみじく明かかりければ、「顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」と仰せられけるを、「さりとて、とまらせ給ふべきやう侍らず。神璽・宝剣わたり給ひぬるには。」と、粟田殿のさわがしまうしたまひけるは、まだ帝出でさせおはしまさざりける先に、手づから取りて、春宮の御方に渡したてまつりたまひてければ、帰り入らせたまはむことは、あるまじく思して、しか申させたまひけるとぞ。さやけき影を、まばゆく思しめしつるほどに、月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ、「わが出家は成就するなりけり。」と仰せられて、歩み出でさせたまふほどに、弘徽殿の女御の御文の、日ごろ破り残して御身も放たず御覧じけるを思しめし出でて、「しばし。」とて、取りに入りおはしましけるほどぞかし、粟田殿の、「いかに、かくは思しめしならせおはしましぬるぞ。ただ今過ぎば、おのづからさはりも出でまうで来なむ。」と、そら泣きしたまひけるは。花山寺におはしまし着きて、御髪下ろさせ給ひてのちにぞ、粟田殿は、「まかり出でて、大臣にも、変はらぬ姿、いま一度見え、かくと案内申して、必ず参り侍らむ。」と申したまひければ、「我をば、謀るなりけり。」とてこそ、泣かせたまひけれ。あはれに悲しきことなりな。日ごろ、よく「御弟子にて候はむ。」と契りて、すかし申したまひけむが恐ろしさよ。東三条殿は、「もしさることやしたまふ。」と、危ふさに、さるべくおとなしき人々、何がしかがしといふいみじき源氏の武者たちをこそ、御送りに添へられたりけれ。京のほどは隠れて、堤の辺よりぞうち出で参りける。寺などにては、「もし、押して、人などやなしたてまつる。」とて、一尺ばかりの刀どもを抜きかけてぞ守りまうしける。

現代語訳は続きを読んでください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。