FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原文

さて、九月ばかりになりて、出でにたるほどに、箱のあるを手まさぐりに開けて見れば、人のもとにやらむとしける文あり。あさましさに、見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。疑はしほかに渡せるふみ見ればここやとだえにならむとすらむなど思ふほどに、むべなう、十月つごもり方に、三夜しきりて見えぬ時あり。つれなうて、「しばし試みるほどに。」など、気色あり。これより、夕さりつ方、「内裏に逃るまじかりけり。」とて出づるに、心得で、 人をつけて見すれば、「町の小路なるそこそこになむ、止まりたまひぬる。」とて来たり。さればよと、いみじう心憂しと、思へども、いはむやうも知らであるほどに、二、三日ばかりありて、暁方に門をたたく時あり。さなめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。つとめて、なほあらじと思ひて、嘆きつつひとり寝る夜のあくる間はいかに久しきものとかは知ると、例よりはひきつろひて書きて、移ろひたる菊にさしたり。返りごと、「あくるまでもこころみむとしつれど、とみなる召使の来合ひたりつればなむ。いと理なりつるは。げにやげに冬の夜ならぬ真木の戸もおそくあくるはわびしかりけり」さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたる、しばしは、忍びたるさまに、「内裏。」になど言ひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞ限りなきや。

現代語訳

さて、九月ごろになって、兼家が私の邸から出ていったときに、文箱があるのを何の気なしに開けて見たところ兼家が他の女のもとに送ろうとした手紙が入っていた。驚きあきれて、せめて私がその手紙を見たとだけでも兼家に知られようと思って、歌を書きつける。疑わしいことです。あなたが他の女に渡そうとした手紙を見ると、私の元への訪れは途絶えようとしているのでしょうか。などと思ううちに、思ったとおり、十月の末ごろに、三晩続けて来ないときがある。兼家はそ知らぬ顔で、「しばらくの間あなたの気持ちを試しているうちに訪れないでしまった。」などと思わせぶりな態度をとる。私の家から、兼家が夕方、「宮中に避けられそうにない用事があるのだ。」と言って出ていくので、理解できず、使用人をつけて様子を見させると、「兼家様の牛車が町の小路にあるどこそこにお止まりになった。」と言って帰って来た。矢張りだよと、兼家の行動を不愉快だと思うけれども、文句を言うような方法もわからないでいるうちに、ニ、三日ほどたって、明け方に兼家が門をたたくときがある。兼家の訪れであるようだと思うが、つらくて門を開けさせないでいると、兼家は町の小路の女の家と思われる所に行ってしまった。翌朝、このままでは済まさないと思って、
私が嘆きながら一人寝をする夜が明けるまでの間はどれほど長いものか、私が門を開けるまで待てないあなたには分かるだろうか、いや分かるまい。と、いつもよりは注意をはらって書いて、色あせた菊に挿して贈った。返事は、「あなたが門を開けるまで待ってみようとしたけれど、急な宮中からの使者がやって来て会ってしまったので。あなたの嘆きはもっともである。なるほど、その通りだ、なかなか明けない冬の夜でなくとも門をなかなか開けてもらえないのはつらいものであることよ。」それにしても、兼家はたいそう不思議なほどにそ知らぬふりをしている、しばらくの間は他の女のもとに通うのを隠しているようすで、「宮中に行く。」などと言うのが当然なのに、ますます気に食わなく思うことはこのうえもない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。