FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cutting Edge 2 Part4 Chapter16を和訳してみました
このような感じで訳しています

和訳
何億人もの人が英語、すなわち商業、科学技術、雇用機会のための地球の言語を学んでいる。

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
クローン化は将来、人間に大いに役立てられる技術だと信じる人々は多い。植物の科学的クローン化を支持する人々は、それは自然環境だけでなく人間にも消費者にとっても多くの利益があると言う。たとえばそれは食料を増産させ、健康によい植物を作り出すことができる。高品質の植物のクローンを作ることは、食料植物をより簡単に栽培でき、それにより虫や病気に抵抗力のある作物が手に入れられるということを意味する。これは、多くの食料を第3世界諸国の貧しい人々により供給することに役立つ。
科学者は理論的目的のために動物のクローンを作るわけではない。彼らは現実世界の、実用的目標を考慮している。その実用的目標を達成するためには、クローンだけでなく生命工学も使う必要がある。
たとえば、科学者はいつかブタをクローンすることが可能になり、人間が使うためにそのブタの臓器を摘出することができるようになることを願っている。しかしそれが起こるためには、その臓器が移植先の人体に拒絶反応が出ないようブタの特定の遺伝子を無力化するため、生命工学を使わなければならない。これらの遺伝子を停止させたあと、ブタからクローンが作られ、その臓器が人間の移植に使われるだろう。いずれにしろこれは理論上の話である。
一般の人々にとっては、ブリッグズとキング、そしてその他の科学者のクローン実験はぜんぜん行われなかったかのようだった。新聞でもほとんど報道されなかった。
しかしドリーという名のヒツジがクローンで作られたとき、世界中で(新聞の)第1面の見出しになった。哺乳動物を初めてうまくクローンで増やせたなら、それが暗示するものは明白だった。「ヒツジのクローンが作れるなら人間のクローンも作れるはず。」
科学者は、乳の中に人間に役立てられるタンパク質─たとえばインスリンなど─を作り出すために、ヒツジやその他の家畜の遺伝子操作をしたがった。
道のりは簡単ではなかった。科学者は成体の細胞、すなわちプログラムされた細胞を使う必要があった。彼らはどうにかしてプログラムされた細胞の中のDNAを「だます」か「プログラムし直す」かして、プログラムされていない細胞のように働かせなければならなかった。彼らは276回クローンを作ろうとしたが、毎回のように失敗した。277回目の試みで彼らは成功した。
ドリーがクローンで作られて以来、科学者はウシやブタ、ネコ、その他の動物のクローンを作ってきた。けれどもこの困難なプロセスはまだ先が長かった。たとえばクローンで作られた動物は体がとても病弱であることが多かった。2003年2月、ドリーは重い病気を患ったあと安楽死させられた。彼女はわずか6歳だった。
一般の人々にとっては、ブリッグズとキング、そしてその他の科学者のクローン実験はぜんぜん行われなかったかのようだった。新聞でもほとんど報道されなかった。
しかしドリーという名のヒツジがクローンで作られたとき、世界中で(新聞の)第1面の見出しになった。哺乳動物を初めてうまくクローンで増やせたなら、それが暗示するものは明白だった。「ヒツジのクローンが作れるなら人間のクローンも作れるはず。」
科学者は、乳の中に人間に役立てられるタンパク質─たとえばインスリンなど─を作り出すために、ヒツジやその他の家畜の遺伝子操作をしたがった。
道のりは簡単ではなかった。科学者は成体の細胞、すなわちプログラムされた細胞を使う必要があった。彼らはどうにかしてプログラムされた細胞の中のDNAを「だます」か「プログラムし直す」かして、プログラムされていない細胞のように働かせなければならなかった。彼らは276回クローンを作ろうとしたが、毎回のように失敗した。277回目の試みで彼らは成功した。
ドリーがクローンで作られて以来、科学者はウシやブタ、ネコ、その他の動物のクローンを作ってきた。けれどもこの困難なプロセスはまだ先が長かった。たとえばクローンで作られた動物は体がとても病弱であることが多かった。2003年2月、ドリーは重い病気を患ったあと安楽死させられた。彼女はわずか6歳だった。
たいていの人はクローンヒツジのドリーのことを聞いたことがある。100年前だったら科学者は誰一人としてドリーを作れなかっただろう。しかし、動物のクローン化の第一歩はドリーから始まったのではない。1902年、ドイツ人科学者のハンス・シュペーマンはサンショウウオの2細胞期の胚を分割するために1本に髪の毛を使った。2つの細胞のそれぞれがサンショウウオの完全な成体となったが、それぞれは元の胚のクローンだった。もしこのプロセスが自然界で起こっていたら、私たちはそれを双子と呼ぶだろう。
1952年、ロバート・ブリッグズとトーマス・キングという2人の科学者は、1匹のカエルの細胞から核を取り除き、それを、すでに核を取り除かれた別のカエルの卵細胞に入れた。その結末はクローンのカエルだった。
入れられた核は胚のプログラムされていない細胞から取られた。胚のプログラムされていない細胞は、たとえば骨や血液、心臓、腎臓など、どんな種類の細胞にも変わることができる。ブリッグズとキングは成体の細胞ではなく胚の核だけがクローンを作るのに使うことができると考えた。彼らは、傷を覆う新しい皮膚を育てるようプログラムされている皮膚細胞のような成体の細胞はまったく同じ型の新しい細胞しか作り出すことができないと考えた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。