FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.21 12.比較
集中英作文の12.比較B〜Dの私なりの解答です
こんな感じでやってます

B
We are much better off than ten years ago.
Why Jim didn't come is more than I can imagine.

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2012.02.15 光源氏の誕生
光源氏の誕生の原文と現代語訳です

こんな感じでやってます

いづれの御時にか、女御・更衣あまた候ひたまひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。

どの帝の御代であったろうか、女御や更衣が大勢お仕えなさっていた中で、それほど高貴な身分ではない方で、この上なく帝のご寵愛を受けていらっしゃる方があった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
集中英作文の16.副詞節(2)A〜Dまでの私なりの解答です
こんな感じになります

A
No matter what result follow, you need not be discouraged.
Even if he does not come I would not mind.

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
集中英作文の15.副詞節(1)A〜Dまでの私なりの解答です
こんな感じになります

A
It is five years since they got married.
Don't count your chickens before they are hatched.

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2012.02.13 14.名詞節
集中英作文の14.名詞節A~Dまでの私なりの解答です
こんな感じになります

A
It seems that she is very happy.
I wonder how long he is going to stay in Japan.

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2012.02.13 13.前置詞
集中英作文の13.前置詞B~Dまでの私なりの解答です
こんな感じになります

B
I awoke to find the house on fire.

It rained all night and all day, during which time the ship broke into pieces.

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2012.02.12 性悪
白文
人之性悪、其善者偽也。今、人之性、生而有好利焉。順是、故争奪生而辞譲亡焉。生而有疾(嫉)悪焉。順是、故残賊生而忠信亡焉。生而有耳目之欲、有好声色焉。順是、故淫乱生而礼義・文理亡焉。然則従人之性、順人之情、必出於争奪、合於犯分乱理、而帰於暴。故必将有師法之化、礼義之道、然後出於辞譲、合於文理、而帰於治。用此観之、然則人之性悪明矣。其善者偽也。

書き下し文
人の性は悪なり、其の善なる者は偽なり。今、人の性、生まれながらにして利を好む有り。是に順ふ、故に争奪生じて辞譲亡ぶ。生まれながらにして疾悪有り。是に順ふ、故に残賊生じて忠信亡ぶ。生まれながらにして耳目の欲有り、声色を好むこと有り。是に順ふ、故に淫乱生じて礼義・文理亡ぶ。然らば則ち人の性に従ひ、人の情に順はば、必ず争奪に出で、犯分乱理に合して、暴に帰す。故に将必ず師法の化、礼義の道有りて、然る後に辞譲に出で、文理に合して、治に帰せんとす。此を用て之を観ば、然らば則ち人の性の悪なるは明らかなり。其の善なる者は偽なり。

現代語訳
人の本性は悪であり、人の本性が善であることは人為である。今もし仮に、人の本性について考えると、人は生まれながらにして利を好むことがあるのである。そのせいで、人間の間では人との間に争奪が生じて、へりくだって人に譲ることがなくなる。人の本性には、生まれながらにしてねたみ憎む心がある。そのせいで、道義に外れた行為をし、真心がありうそ偽りがないことがなくなる。人の本性には、生まれながらにして諸種の欲があり、音楽や美女を好む心がある。そのせいで淫らな行為が発生し、礼義や秩序がなくなる。これらのことが正しいとするならば、人の本性に従って行動すると、まず必ず争奪が生じ、次に身の程を越えて道理を乱すようになり、結局は混乱状態に陥る。だから必ず師の教えによる教化や世の中の秩序を保つために人が行うべき振る舞いが行われ、そののちまずへりくだって人に譲る心が生じ、次に秩序が生じ、結局は世の中が治まる。以上のことから考えてみると、人の本性が悪であるのは明らかである。それが善であることは人為によって実現されるのである。
2012.02.12 四端
白文
孟子曰、「人皆有不忍人之心。先王有不忍人之心、斯有不忍人之政矣。以不忍人之心、行不忍人之政、治天下可運之掌上。所以謂人皆有不忍人之心者、今人乍見孺子将入於井、皆有怵惕・惻隠之心。非所以内交於孺子之父母也。非所以要誉於郷党・朋友也。非悪其声而然也。由是観之、無惻隠之心、非人也。無羞悪之心、非人也。無辞譲之心、非人也。無是非之心、非人也。惻隠之心、仁之端也。羞悪之心、義之端也。辞譲之心、礼之端也。是非之心、智之端也。人之有是四端也、猶其有四体也。有是四端、而自謂不能者、自賊者也。」

書き下し文
先王人に忍びざるの心有り、斯に人に忍びざるの政有り。人に忍びざるの心を以て、人に忍びざるの政を行はば、天下を治むること、之を掌上に運らすべし。人皆、人に忍びざるの心有りと謂ふ所以の者は、今、人乍ち孺子の将に井に入らんとするを見れば、皆怵・惕惻隠の心有り。交はりを孺子の父母に内るる所以に非ざるなり。誉れを郷党朋友に要むる所以に非ざるなり。其の声を悪みて然るに非ざるなり。是に由りて之を観れば、惻隠の心無きは、人に非ざるなり。羞悪の心無きは、人に非ざるなり。辞譲の心無きは、人に非ざるなり。是非の心無きは、人に非ざるなり。惻隠の心は、仁の端なり。羞悪の心は、義の端なり。辞譲の心は、礼の端なり。是非の心は、智の端なり。人の是の四端あるや、猶ほ其の四体あるがごときなり。是の四端ありて、自ら能はずと謂ふ者は、自ら賊ふ者なり。」と。

現代語訳
孟子曰はく、「人皆人に忍びざるの心有り。孟子が言うには「人は誰でも皆、人の不幸を平気で見ていられない心がある。昔の優れた天子には、人の不幸を平気で見ていられない心があったので(自然に)人民に思いやりのある政治が行なうことができた。このように人の不幸を平気で見ていられない心で、思いやりのある政治を行なえば、天下を治めることは掌の上で転がすように容易なことである。人間は、皆人の不幸を平気で見ていられない心があるという理由は、今ある人が、不意に幼児が今まさに井戸に落ちて入ろうとしているのを見たら、誰でも驚き恐れ、深く哀れみ、いたわしく思う心が生じ、その幼児を助けようとする。それは、幼児を助けてることで幼児の親と交際を求めようとするためではない。同郷人、友人に褒めてもらいたいからではない。(子供を助けなかったという)悪い評判が立つのを嫌ってそうするのでもない。以上のことから考えてみると、深く哀れみ、いたわしく思う心のないものは人間ではない。自分の不善を恥じ、人の悪を憎む心のないものは人間ではない。へりくだって人に譲る心のないものは人間ではない。ことの善し悪し判断する心のないものは人間ではない。人の不幸を憐れむ心は仁の芽生えである。自分の不善を恥じ、他人の悪を憎む心は義の芽生えである。へりくだって人に譲る心は礼の芽生えである。ことの善し悪しを判断する心は智の芽生えである。人間がこの四つの芽生えを持っているということは、ちょうど人間が両手・両足を備えていることと同じである。この四つの芽生えを持っていながら、自分から仁・義・礼・智を行なうことができないという者は、自分で自分を傷つける者である。」と。
Cutting Edge 2 Part2 Chapter6を和訳してみました
こんな感じでやってます

和訳
4500万年前、不運なハエが樹液で動けなくなって、惨めな死を遂げました。

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
戦時下の文化

日本の伝統文化への回帰
     亀井勝一郎と保田与重郎 雑誌「日本浪漫派」

新感覚派 斬新な感覚的表現
川端康成
横光利一

転向文学 社会主義やプロレタリア文学からの転向の体験
中野重治 「村の家」
島木健作 「生活の探求」

既成大家 島崎藤村  「夜明け前」
谷崎潤一郎 「細雪」

戦争文学 近代現代の戦争を描く
火野葦平 「麦と兵隊」
石川達三 「生きてゐる兵隊」

1942年 日本文学報告会結成


占領期の文化

出版会の活気
     「中央公論」復刊
     「世界」
     「思想の科学」

考古学研究の興隆
      岩宿遺跡発掘
      登呂遺跡発掘

人文・社会科学の発展
      丸山真男の政治学
      大塚久雄の経済史
      川島武宜の法社会学

自然科学の発展
1949年日本人初のノーベル賞 理論物理学者の湯川秀樹

歌謡曲  「リンゴの唄」の大流行
     美空ひばりの登場

映画 黒澤明 「羅生門」
溝口健二 「西鶴一代女」

文学

無頼派文学
     坂口安吾 「白痴」
     太宰治 「斜陽」

戦時体験の表現
     大岡昇平 「俘虜記」
     野間宏 「真空地帯」

その他 木下順次   「夕鶴」
三島由紀夫 「仮面の告白」
峠三吉   「原爆詩集」
石原慎太郎 「太陽の季節」
大江健三郎 「飼育」
松本清張   「点と線」

1949年 学界の代表機関として日本学術会議設立

法隆寺金堂壁画の焼損(1949年)→文化財保護法制定(1950年)→文化庁設置

文化勲章の授与(1937年制定)1946年に復活
2012.02.12 性善
性善

白文
告子曰、「性猶湍水也。決諸東方、則東流、決諸西方、則西流。人性之無分於善不善也、猶水之無分於東西也。」孟子曰、「水信無分於東西、無分於上下乎。人性之善也、猶水之就下也。人無有不善、水無有不下。今夫水、搏而躍之、可使過顙、激而行之、可使在山。是豈水之性哉。其勢則然也。人之可使為不善、其性亦猶是也。」

書き下し文
告子曰はく、「性は猶ほ湍水のごときなり。諸を東方に決すれば、則ち東流し、諸を西方に決すれば、則ち西流す。孟子曰はく、「水は信に東西を分かつこと無きも、上下を分かつこと無からんや。人の性の善不善を分かつ無きは、猶ほ水の東西を分かつ無きがごときなり。」と。人の性の善なるは、猶ほ水の下きに就くがごときなり。人善ならざること有る無く、水下らざること有る無し。今夫れ水は、搏ちて之を躍らせば、顙を過ごさしむべく、激して之を行れば、山に在らしむべし。是れ豈に水の性ならんや。其の勢則ち然らしむるなり。人の不善を為さしむべきは、其の性も亦猶ほ是くのごとければなり。」と

現代語訳
告子が言うには、「人の本性は、渦巻いている水のようなものだ。東の堤防を切って落とせば東に流れ、西の堤防を切って落とせば西に流れる。人の本性が善と不善に分けられないのは、堤防を切って落とす前に、水が西に流れるか東に流れるかに分けられないのと同じようなものだ。」と。孟子が言うには、「水は、確かに堤防を切って落とす前から東と西のどちらに流れるかは決まっていないが、水が高い所から低い所へ流れないだろうか、いや低い所へ流れる。人の本性が善であるのは、水が低い所に流れるのと同じようなものだ。人が善でないことは無く、水か下に流れないことは無い。そもそも水は、もし水を手で打って跳ね返らせると、額を越えさせることも可能であり、水流をせき止めて逆流させると、山上に昇らせることも可能である。しかし、どうしてこれが水の本性といえるであろうか、いや言えない。外から加えた勢いこそがそう(水に額を越えさせたり山上に昇らたり)しているのである。人に不善なをさせることができるのは、人の本性が、水と同じく、外部の影響を受けるからである。」と。
Cutting Edge 2 Part2 Chapter5を和訳してみました
こんな感じでやってます

和訳
アメリカ人は健康に強い関心があります。今日の雑誌、テレビ番組、ウェブサイト、自己啓発書、そして我々がお金をつぎ込んでいる場所をちょっとみてください。

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
Cutting Edge 2 Part1 Chapter4を和訳してみました
こんな感じでやってます

和訳
私には自宅裏のテラスでバーベキューするのが好きな友人がいます。

*続きを読むには課金が必要です
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。