FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原文

あはれなることは、降りおはしましける夜は、藤壺の上の御局の小戸より出でさせ給ひけるに、有明の月のいみじく明かかりければ、「顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」と仰せられけるを、「さりとて、とまらせ給ふべきやう侍らず。神璽・宝剣わたり給ひぬるには。」と、粟田殿のさわがしまうしたまひけるは、まだ帝出でさせおはしまさざりける先に、手づから取りて、春宮の御方に渡したてまつりたまひてければ、帰り入らせたまはむことは、あるまじく思して、しか申させたまひけるとぞ。さやけき影を、まばゆく思しめしつるほどに、月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ、「わが出家は成就するなりけり。」と仰せられて、歩み出でさせたまふほどに、弘徽殿の女御の御文の、日ごろ破り残して御身も放たず御覧じけるを思しめし出でて、「しばし。」とて、取りに入りおはしましけるほどぞかし、粟田殿の、「いかに、かくは思しめしならせおはしましぬるぞ。ただ今過ぎば、おのづからさはりも出でまうで来なむ。」と、そら泣きしたまひけるは。花山寺におはしまし着きて、御髪下ろさせ給ひてのちにぞ、粟田殿は、「まかり出でて、大臣にも、変はらぬ姿、いま一度見え、かくと案内申して、必ず参り侍らむ。」と申したまひければ、「我をば、謀るなりけり。」とてこそ、泣かせたまひけれ。あはれに悲しきことなりな。日ごろ、よく「御弟子にて候はむ。」と契りて、すかし申したまひけむが恐ろしさよ。東三条殿は、「もしさることやしたまふ。」と、危ふさに、さるべくおとなしき人々、何がしかがしといふいみじき源氏の武者たちをこそ、御送りに添へられたりけれ。京のほどは隠れて、堤の辺よりぞうち出で参りける。寺などにては、「もし、押して、人などやなしたてまつる。」とて、一尺ばかりの刀どもを抜きかけてぞ守りまうしける。

現代語訳は続きを読んでください
現代語訳

しみじみとお気の毒に思われますことは、(帝が)御退位なさいました夜(のことです。その夜)は、藤壷の上の御局の小戸からお出ましになりましたところ、有明の月がたいそう明るかったので、(帝が)「(月明かりが明るすぎて)あまりに目立ちすぎて気がひけるなあ。どうしたものだろう。」とおっしゃったところ、「さればといって、当然御中止なされるわけではございません。神璽と宝剣が(東宮の御方に)おうつりになってしまいましたからには。」と粟田殿〔道兼公〕がおせきたて申しあげなさった(そのわけ)は、まだ帝がお出ましにならなかったその前に、(粟田殿が)自分自身で(神璽・宝剣を)持って東宮の御方にお渡し申しあげなさってしまわれたので、 (帝が)宮中にお帰りになるようなことはあるはずがないと粟田殿がお思いになって、そのように申しあげなさったのだということです。 (帝は)明るい月の光(の中にいる自分を)きまり悪くお思いになっているうちに、月の表面にむら雲がかかって、(あたりが)少し暗くなっていたので、「私の出家は(やはり)成就するのだなあ。」とお思いなさって、歩き出しなさるときに、(なくなられた)弘徽殿の女御のお手紙で、平素破り捨てずにとっておき、御身から離されないで(くり返し)御覧になっていたお手紙をお思い出しになって、「ちょっと、待て。」とおっしゃって、(それを)取りにお戻りになられたちょうどその時だよ、
(その時)粟田殿〔道兼公〕が「どうしてそのように(未練がましく)お思いにおなりになってしまったのですか。この時機を逃してしまったら、さしさわりも起こってまいりましょう。」といって、そら泣きをなさったことは。(帝が)花山寺にお着きになって、御剃髪なさったその後に、粟田殿〔道兼公〕は、「ちょっと退出して、(父の)大臣〔兼家公〕にも、粟田殿の出家前の今の姿をもう一度見せ、かようかようと事情を告げて、必ずかえって参りましょう。」と申しあげなさったので、(帝は)「(それでは)私をだましたのだな。」とおっしゃって、お泣きになりました。しみじみとおいたわしくまた悲しいことですなあ。(粟田殿が)平素(帝が御出家なさったら私も出家して)「りっぱにお弟子としてお仕えいたしましょう。」と約束しておいたのに、(帝を)だまし申しあげなさったことのが恐ろしいことですよ。東三条殿〔兼家公〕は、ひょっとして(栗田殿が)出家なさるかもしれないと気がかりで、適当な思慮に富んだ人々や、何某・たれ某という優れた源氏の武士たちを、護衛としてつけられたのです。(これらの人々は)京(の町中)のあいだは隠れて(後をつけ)、加茂川の堤のあたりからは、(おおっぴらに)姿をあらわして、お供して参ったのです。寺についてからなどは、もしかしたら誰かが無理矢理に(粟田殿を)出家させ申しあげるかもしれないと気づかって、一尺ばかりの刀を(手に手に)抜きかけて、お守り申しあげたということです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okdmasahiro.blog.fc2.com/tb.php/11-73a5b648
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。