FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たいていの人はクローンヒツジのドリーのことを聞いたことがある。100年前だったら科学者は誰一人としてドリーを作れなかっただろう。しかし、動物のクローン化の第一歩はドリーから始まったのではない。1902年、ドイツ人科学者のハンス・シュペーマンはサンショウウオの2細胞期の胚を分割するために1本に髪の毛を使った。2つの細胞のそれぞれがサンショウウオの完全な成体となったが、それぞれは元の胚のクローンだった。もしこのプロセスが自然界で起こっていたら、私たちはそれを双子と呼ぶだろう。
1952年、ロバート・ブリッグズとトーマス・キングという2人の科学者は、1匹のカエルの細胞から核を取り除き、それを、すでに核を取り除かれた別のカエルの卵細胞に入れた。その結末はクローンのカエルだった。
入れられた核は胚のプログラムされていない細胞から取られた。胚のプログラムされていない細胞は、たとえば骨や血液、心臓、腎臓など、どんな種類の細胞にも変わることができる。ブリッグズとキングは成体の細胞ではなく胚の核だけがクローンを作るのに使うことができると考えた。彼らは、傷を覆う新しい皮膚を育てるようプログラムされている皮膚細胞のような成体の細胞はまったく同じ型の新しい細胞しか作り出すことができないと考えた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okdmasahiro.blog.fc2.com/tb.php/13-fe12df4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。