FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般の人々にとっては、ブリッグズとキング、そしてその他の科学者のクローン実験はぜんぜん行われなかったかのようだった。新聞でもほとんど報道されなかった。
しかしドリーという名のヒツジがクローンで作られたとき、世界中で(新聞の)第1面の見出しになった。哺乳動物を初めてうまくクローンで増やせたなら、それが暗示するものは明白だった。「ヒツジのクローンが作れるなら人間のクローンも作れるはず。」
科学者は、乳の中に人間に役立てられるタンパク質─たとえばインスリンなど─を作り出すために、ヒツジやその他の家畜の遺伝子操作をしたがった。
道のりは簡単ではなかった。科学者は成体の細胞、すなわちプログラムされた細胞を使う必要があった。彼らはどうにかしてプログラムされた細胞の中のDNAを「だます」か「プログラムし直す」かして、プログラムされていない細胞のように働かせなければならなかった。彼らは276回クローンを作ろうとしたが、毎回のように失敗した。277回目の試みで彼らは成功した。
ドリーがクローンで作られて以来、科学者はウシやブタ、ネコ、その他の動物のクローンを作ってきた。けれどもこの困難なプロセスはまだ先が長かった。たとえばクローンで作られた動物は体がとても病弱であることが多かった。2003年2月、ドリーは重い病気を患ったあと安楽死させられた。彼女はわずか6歳だった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okdmasahiro.blog.fc2.com/tb.php/15-613e0445
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。