FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クローン化は将来、人間に大いに役立てられる技術だと信じる人々は多い。植物の科学的クローン化を支持する人々は、それは自然環境だけでなく人間にも消費者にとっても多くの利益があると言う。たとえばそれは食料を増産させ、健康によい植物を作り出すことができる。高品質の植物のクローンを作ることは、食料植物をより簡単に栽培でき、それにより虫や病気に抵抗力のある作物が手に入れられるということを意味する。これは、多くの食料を第3世界諸国の貧しい人々により供給することに役立つ。
科学者は理論的目的のために動物のクローンを作るわけではない。彼らは現実世界の、実用的目標を考慮している。その実用的目標を達成するためには、クローンだけでなく生命工学も使う必要がある。
たとえば、科学者はいつかブタをクローンすることが可能になり、人間が使うためにそのブタの臓器を摘出することができるようになることを願っている。しかしそれが起こるためには、その臓器が移植先の人体に拒絶反応が出ないようブタの特定の遺伝子を無力化するため、生命工学を使わなければならない。これらの遺伝子を停止させたあと、ブタからクローンが作られ、その臓器が人間の移植に使われるだろう。いずれにしろこれは理論上の話である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okdmasahiro.blog.fc2.com/tb.php/16-9f670b7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。