FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.05 不顧後患
白文

呉王欲伐荊、告其左右日、「敢有諫者死。」舎人有少儒子者。欲諫不敢。即懐丸操弾、遊於後園。露其衣。如是者三旦。呉王日、「子来。何苦沾衣如此。」対日、「園中有樹。其上有蝉。蝉高居悲鳴飲露、不知蟷螂在其後也。蟷螂委身曲附、欲取蝉、而不知黄雀在其傍也。黄雀延頸、欲啄蟷螂、而不知蝉丸在其下也。此三者、皆務欲得其前利、而不顧其後之有患也。」呉王日、「善哉。」乃罷其兵。

書き下し文

呉王荊を伐たんと欲し、其の左右に告げて日はく、「敢へて諫むる者有らば死せん。」と。舎人に少儒子なる者有り。諫めんと欲して敢へてせず。即ち丸を懐き弾を操りて後園に遊ぶ。露其の衣を沾す。是くのごとき者三旦なり。呉王日はく、「子来たれ。何ぞ苦しみて衣を沾すこと此くのごとき。」と。対へて日はく、「園中に樹有り。其の上に蝉有り。蝉高居し悲鳴して露を飲み、蟷螂の其の後に在るを知らざるなり。蟷螂委身曲附し蝉を取らんと欲して、黄雀の其の傍らに在るを知らざるなり。黄雀頸を延べ蟷螂を啄まんと欲して、蝉丸の其の下に在るを知らざるなり。此の三者は皆務めて其の前利を得んと欲して、其の後ろの患へ有るを顧みざるなり。」と。呉王日はく、「善きかな。」と。乃ち其の兵を罷む。

現代語訳

呉王は荊を討とうとして、側近たちに告げて言うことには、「どうしても私を諌める者がいるならば、死ぬことになるだろう。」と。そば仕えの者に雑用をする少年がいた。少年は諌めようとしたが無理に諌めようとはしなかった。少年はそこで懐に弾き弓の弾を入れ、弾き弓を手に持って宮殿の裏庭で遊んでいた。露がその少年の衣をぬらした。このようなことが三日間毎朝続いた。呉王が言うことには、「お前、こっちへ来い。どうして不快な思いをしてのように衣をぬらしているのか。」と。少年が答えて言うことには、「裏庭の中に樹があります。その上に蝉がいます。蝉は高いところに止まり、高い声で鳴いて露を飲み、蟷螂が自分の後ろにいることに気がつかないのです。蟷螂は身をかがめて脚を縮め、蝉を取ろうとし、雀が自分のそばにいることに気がつかないのです。雀は頸を伸ばして蟷螂をついばもうとして、弾き弓の弾が自分の下にあるのに気がつかないのです。この三者は皆、ひたすら自分の目の前にある利益を得ようとし、自分の後ろに災いが迫っていることを顧みないのです。」と。呉王が言うことには、「よく言ってくれたなあ。」と。そこで、呉王は刑への攻撃をやめた。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okdmasahiro.blog.fc2.com/tb.php/52-fa9e90c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。