FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原文

中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。それをはらせて参らせむとするに、おぼろけの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり。」と申したまふ。「いかやうにかある。」と問ひ聞こえさせたまへば、「すべていみじうはべり。『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。』となむ人々申す。まことにかばかりのは見えざりつ。」と、言高くのたまへば、「さては、扇のにはあらで、海月のななり。」と、聞こゆれば、「これは隆家が言にしてむ。」とて、笑ひたまふ。かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、「一つな落としそ。」と言へば、いかがはせむ。

現代語訳
中納言隆家様が定子のいる所に参上なさって、中宮様に御扇を献上なさる時に、「私隆家は実にすばらしい骨を手に入れております。
それに紙を張らせたうえでさしあげようと思いますが、なみたいていの紙では張ることができそうにないので、素晴らしい骨に見合う素晴らしい紙をさがしております」と申しあげなさる。(中宮様は)「その扇の骨はどんなようすなのか」とおたずね申し上げなさると(隆家様は)「どこからどこまでもすばらしゅうございます。人々も『今までにまったく見たこともないくらい素晴らしい骨のありさまだ』と申し上げる。
ほんとうにこれほどの骨は見かけなかった」と声高くおっしゃるので、(わたくしは、)「それではそんなに珍しい骨なら、扇の骨ではなくて、くらげの骨であるようですね」と申しあげると、(隆家様は、)「これは隆家のいったしゃれにしてしまおう」といってお笑いになる。
こんなことは、にがにがしいことの中に入れてしまうべきことであるが、(周りの女房たちが、)「一つでも書きもらすな」というので、どうしようもない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okdmasahiro.blog.fc2.com/tb.php/9-875e04b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。